もらった人が幸せになる二次会景品

喜んでもらいたい

二次会でゲームを行うと盛り上がりも大きく、参加者も楽しみにしている事が
多いですが、ゲームで使用する景品の予算はどのように捻出するかというと
新郎新婦によって考えが異なります。

景品の予算の捻出の仕方は新郎新婦がすべて持ち出しをする
パターンがあります。

新郎新婦に負担が行きますが、会費はその分抑える事が出来、
参加者も参加しやすいでしょう。

船で

一般的には会費から景品の予算を捻出する場合が多いですが、
飲食代と会場費も含めた金額を参加者に会費として徴収する為
一人当たり八千円前後と高額になります。

結婚式の披露宴参加後だと参加者にとっては痛い出費には
なりますので、そのあたりを考慮して、二次会の参加者人数と
用意する商品の数と予算で調整して参加者に負担に
なり過ぎない設定にする事が大切です。

プレゼント用に

よく参加者に残念賞や参加賞ですべての人に賞を用意する人も
いますが、予算がその分かかると豪華賞品にかける予算も
低くなってしまうので、豪華賞品を1点にしてしまうか
豪華賞品をなくして中程度予算の物を複数用意するなどして
調整をすると良いでしょう。

参加者に喜んでもらうことはもちろんですが、結婚式の二次会となると
やはり主役は新郎新婦です。

2人に喜んでもらうことが参加者の喜びにも繋がり、その逆も然りです。
特に初めて幹事を任された方としては悩む部分も大きいかも
しれませんが、景品の専門サイトというのもありますので
そういったサイトを利用してみたり、あるいはよく幹事を任される人に
アドバイスを受けてみたり、ネットで情報収集するなどしておくと良いでしょう。