もらった人が幸せになる二次会景品

お届け方法

 

貴重な

 二次会で楽しみなゲームでの景品ですが、二次会会場に
景品の現物を置く事で盛り上がりにも影響する為、
現物を手にした瞬間も嬉しさが増します。

しかし、物によっては予想以上に重かったり大きかったりすると
持ち帰りの際に困るという声も多い事が現状です。

時を

特に遠方や女性の方はかえって嬉しくないと思う人もいます。
気が利く二次会での景品の当選後の対応として現物を置く事に
重視するのであれば、宅急便など郵送を有効的に使う事で
参加者の帰りの負担を無くします。

中には初めから現物を置かない事もあり、目録やパネルで
対応する二次会も増えてきています。

メリットは現物の持ち運びが幹事と参加者の負担がない他に、
当選した参加者は後日自分の都合のいい日時で受け取る事が可能です。
また、カタログギフトが定番アイテムとして人気を集めています。

値段別でチョイスできる他、自分の好きな物を選べる事で
間違いなく喜ばれる商品であり、現物で用意しても
冊子なので持ち帰りにも苦労しません。

結婚式の二次会でカタログギフトを景品として用意する際に
気をつけたいことは、結婚式の引き出物に含まれている
可能性があるということです。

結婚式からそのまま二次会に参加する人も少なからずいるはずですので、
事前に新郎新婦に確認をしておき、重複のないように
気をつけておいた方が良いでしょう。