もらった人が幸せになる二次会景品

MONEY

 

二次会で何を景品で送るのか幹事は考えます。

これは結構悩むもので幹事のセンスがとわれるために大抵は
誰かに相談します。ありきたりなものでは二次会がしらけてしまうし、
かと言ってあまり奇抜なものでは顰蹙をかいます。

背伸びをして

そうなると無難なところで金一封ですが、これに異論があります。
その二次会にくる方の構成によってはだめなことがあります。

この会に出席するのは、新郎新婦の友人は主なはずですが、
この親密の度合によっては場違いな景品になります。

単なる職場の延長で披露宴に呼ばないお付き合いとして
出席者で主に構成されていた場合には、金一封も許されますが、
これが昔ながらの友人、高校や大学のサークルの仲間であれば
祝福の度合も違いもあるので、このような金一封というような
形式だったものであれば、新郎新婦の友人に失望を
あたえてしまいます。

お腹いっぱい

こんな場合にはなにか新郎新婦からのメッセージのあるものを
贈るのは通例です。このように景品にはその会の性質によって
是か非があります。

手軽に済ませたという印象を与えると、新郎新婦への信頼感にも
関わってくる可能性がありますので、あくまでももらった人はもちろん
新郎新婦にも十分に喜んでもらえるような内容を考慮すべきでしょう。

こだわりが強くなるほどに景品も何を用意すべきか
悩みがちになりますので、その場合は景品専門サイトなどを
活用してみても良いでしょう。